観光客のつもりで小樽を歩いて見ました。 其の1車夫


久し振りに運河沿いと堺町を中心に歩いて見ました。手にはカメラバックを提げ一見観光客風な服装でした。運河プラザ向かいでは、矢張り人力車の”お兄さん”が声をかけて来ました。応対は至って礼儀正しいのですが、観光客の身になって考えると、人によっては声をかけられること自体が威圧を感じ、嫌な思いをするかも知れません。

解決策 客引きは禁止してタクシー乗り場のように客待場を設けるか、事務所を作る。又は現在ある観光案内所とは別に専用の案内所を設置し、観光案内人、時間性貸切観光タクシーの手配、人力車の手配等の窓口を配置する。(これでは業者は儲からないと云うかも知れませんが,観光客に目立つように業種と料金を明示し、観光客自らが進んで入り易い様にする)

以上行政が指導の上運営させてはと、勝手な事を考えて見ました。(案外受けるかも・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック