年賀はがきに想うこと

光陰矢のごとし!!また年賀状作成の季節がやってきましiた。この年賀状なるもの、平安時代から貴族間で取り交わされていたと云われていますが、、広く庶民に普及したのは明治4年郵便制度が開設され、更に明治6年に郵便葉書が発行されてからとされたいます。然し当時はこの年賀状なるものは元旦に郵便局に直接持参し、5日頃までに配達されていた様ですが、明治14年頃には郵便局では多忙を極め、消印を省略したと伝えられています。明治32年には、特定の局に限り12月20日以降に投函したものを1月元旦に配達する制度となりましたが、然し昭和15年には日華事変以降の資源節約の観点から年賀郵便の特別扱いも廃止され、昭和24年に現在の年賀葉書制度が制定され現在に至っています。

日本人の年賀に対する想いは古くから愛着が込められており、たとえ事前に用意された物であっても、知人に現状を知らせる心のこもった書状として定着していますが、この郵便事情から生まれた事前差出制度が時には悲しい事態を起こすことがあります。

        友が逝き 無病を告げる 賀状つく

いそいそと郵便受けから年賀状を抜き出し1枚1枚丹念に知人を偲びながら、こんな賀状を手にした時の背中に走る戦慄。、目出度い筈の年始にものの哀れを実感し、否応なくわが身に置き換えてみる、そんな年始が過去にありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • お得なHP

    Excerpt: こんにちは。年賀はがきに想うこと、を読ませていただきました。また読ませていただきたいと思います。今年は年賀はがきの枚数が少し減りました。でも抽選で当たるかもしれませんよね。当たるといいな(^^。 Weblog: みんなニコニコ racked: 2008-01-15 17:51