わが家のスピーカー「タンノイ アーデンについいて

わが街小樽HP自己紹介画像より

このスピーカー「タンノイアーデン」は名器とか噂ほどにも無いとか、色々と賞嘆や悪評もありますが、私の装置には一寸した工夫を施してあります。それはインシュレーターのラスクです。大抵の人はスピーカー台として使用しておりますが、私のはエンクロジャーの中に入れてあります。これは28年程前未だ製品が市中に出回っていない試験段階の頃、製造会社より直接取り寄せたものですが、その頃私が根室のオーデオクラブの会長をしていた関係から、開発技術者本人からお礼とラスクの商品展開協力依頼の手紙が、同封されていたのを覚えております。このラスクは箱の中に入れる枚数や位置とか向きによって音はくるくると変わりますが、最終的には、高域低域共よく伸び、特に低域はしまると共に、重厚な油こさが加わりました。それに伴いタンノイ特有の同軸ツイーターの欠点である広域の暴れも解消されました。

追記 スピーカー台はノリタケセラミックですが現在は市販されていない様です。台の見た目の印象と「音」は非常に同質であるという事を念頭に置くべきです。ブロック台はブロック的な荒い音がします。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック