小樽ブログ/小樽観光/こうじろうの懐古録

アクセスカウンタ

zoom RSS 小樽寿司屋探訪

<<   作成日時 : 2006/09/04 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像


光通信による無線ランのテレビ配信設定を終え、ほっと一息付いていると階下から妻が上がってきて、「お父さん!気晴らしに、たまにお寿司でも食べに行かない?」と誘いをかけられた。それではと娘とその彼氏を誘い4人で、市内の回転寿司を目指したが何処も満員で1時間以上の待ち状態、、すると娘が小樽の寿司屋なら安いし小樽に行こうと言い出した。妻も「お父さんの掲示板の質問回答の参考に成るよ」と云う事で意見一致小樽に向った。所要時間は30分で札幌回転寿司の待ち時間よりも遥かに少なかった。花園十字街の駐車場に車を預け、前から気になっていた”おやま田”に向った。目的地まで5分程の道のりに10軒も寿司屋があり、例え満員でも札幌の様に遠くまで足を運ばなくても済む。その上この界隈は札幌の回転寿司に少し予算を掛けただけで、特上の握りが食べられるのです。因みに我々が食したおやま田の特上小樽握りは、かに味噌汁付きで¥2.100でした。(この地区は客の呼び込みも無く健全な店ばかりです。噂の悪質な店は堺町の限られた店舗なのです。)

中に入ると見るからに温厚そうな大将が大きくは無いごく普通の声で、「いらつしゃいませ].。 その自然さは良い印象を与える落ち付いたお店でした。経歴を聞くと小樽手宮の”千成”を振り出しに”まちの” ”栄六”と何れも有名店を経験し、10年前に店舗を構えたとの事です。ですから地元の固定客に人気があり、観光客にも是非薦めて見たい、そんな店でした。

尚当店特製注文品の地酒”おやま田”は1合630円で出しており、別に1升6.300円で販売しているとの由・・・という事は店内で飲食の場合でも掛け値加算はしていないという事でしょう。「ではお歳暮に注文をしますので」と約束を交わし気持ち良く店を後にした。

しかしこれはあくまで私の主観です。当ホームページには小樽寿司店の注意点と優良寿司店の紹介リンクがあります。また掲示板にも小樽寿司店に対する質問と回答集があります。ご覧の上小樽旅行の参考にして下さい。ホームページには掲示板の食に対する質問集の抜粋ページがあります。

ホームページ   http://www.otarukankou.jp

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
回転すし
...続きを見る
富士見市三芳町ドットコム
2008/01/13 21:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は、いつも、お世話になり有難う。よく観光客から地元の人は何処のお
寿司屋に行くのとの質問されますが、私達家族は回転すし専門で、宴会やその他の会合で利用するくらいで専門店の知識は有りませんでしたが今度から
「おやま田」さんを紹介します、・・良い事を知りました。・・
初心者でグログ使い方やトラックバックは便利で面白いと聞きますが良く
理解していません、此れから勉強で今年の課題です。 今後とも色々御教授
お願い致します。
tomy
2006/09/06 11:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
小樽寿司屋探訪  小樽ブログ/小樽観光/こうじろうの懐古録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる